2021年10月20日

アポキル、ピンチ!?

おはようございますー勝ち誇りきらきら
すんばらしい晴天太陽️天高く馬肥ゆる秋、
絶好のウマ娘日和、うまぴょい

そんなご機嫌な朝に、困ったニュースが飛び込んできましたわからん

こちらのお薬ご存知でしょうか?


067DB35B-CCC4-47DF-A1D3-94982867F7C1.jpeg

FF9DB967-ED9C-45A5-827E-CF1568982DD6.jpeg


アトピー性皮膚炎の治療薬です。
両方とも、痒みを引き起こす体内物質のIL-31というものに関与する薬です。

IL-31は、痒みを起こす「鍵」のようなもので、
その鍵が、特定の細胞の「鍵穴」にハマると、痒みが引き起こされます。

「サイトポイント」は、IL-31をピンポイントで直接ブロックする抗体製剤というお注射で、安全性が高く、1歳未満の若い子にも使え、月に一回で済みます。
「アポキル」は、細胞の鍵穴(受容体)をブロックする飲み薬。即効性に優れ、飲んでから4時間後には痒みが止まりますおやゆびサイン

どちらもステロイドとは全く違う作用機序なので、安全性が高く、僕らにとっても非常にありがたいお薬です。

で、

困ったことと言うのは、

このお薬が、
急きょ、欠品!?
需要は急増しているのに、コロナ禍で生産が追いつかなくなったらしく…

困った涙ぽろり

僕はこの薬を発売当初から導入しいて、今のところ使う分は充分に確保できているんですが。
皮膚病の治療は「継続」が大事。
メーカーさんの頑張りを期待してますゴメン/お願い


そういえば、近頃このお薬を名指ししているフードの通販を見かけます。
学術や統計に基づいているのかどうか、疑問。
どんな薬にも、主作用・副作用があります。
そのメリット・デメリットのバランスを見極めて使うのが獣医の仕事。
悪者に仕立て上げたヒーローは、どうかな
なんでもありなのかしら

ま、とにかく、一日も早く状況が落ち着いてくれることを願います顔1(うれしいカオ)みかん

診療のご相談はこちらまで下指差し


くさかり獣医科


posted by オレンジ獣医 at 11:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: